Archive for 2015年5月15日

第2回シティカレッジ「被災地の状況について学ぶ」が開催されました

5月8日、シティカレッジ「地域と災害」の第2回「被災地の状況について学ぶ」が開催されました。

今回は、北陸学院大学人間総合学部 田中准教授と、金沢大学国際機構 八重澤教授を講師に迎えました。

 

田中先生からは、能登半島地震によりどのような状況(過疎、高齢化などの加速化等)が生まれたのか、東日本大震災の被災地で、被災者の方がどのような状況にいるのか(風化による精神的なダメージなど)について、お話しいただきました。 

5月8日写真

 

また、八重澤先生からは、「災害弱者」に関する資料として、人と防災未来センターや世界銀行などが作成した「教訓ノート」について、資料を紹介していただきました。

災害時、女性や子ども、高齢者はそれぞれ弱い立場に置かれながら、なかなか自分では声をあげることが難しいこと、災害時だけではなく、平時からそれぞれの立場に立った検討が必要であることが分かる資料でした。

次回は5月22日に「災害のフェーズについて学ぶ」という内容で行う予定です。

第1回シティカレッジ「災害ボランティアについて学ぶ」が開催されました

4月24日、シティカレッジ「地域と災害」の第1回「災害ボランティアについて学ぶ」が開催されました。

 

今回は、金沢星稜大学人間科学部の池田教授と、社会福祉法人 石川県社会福祉協議会 ボランティアセンターの茂尾専門員を講師に迎えました。池田先生

 

池田先生からは、人のもつ「生きる力」のお話しから、ボランティアの特徴から心得まで幅広い視野からのお話しをお聞きしました。

池田先生

池田先生

池田先生2

 

また、茂尾さんからは、社会福祉協議会についてのお話しから、被災された方がどのように感じているのか、寄り添いの大切さを中心にお話しをお聞きしました。

 

茂尾さん

茂尾さん2

 

そもそもボランティアとは、また災害ボランティアを行う際の基本的な考え方について、

学ぶことができたのではないでしょうか。

 

次回は5月8日に「被災地の状況について学ぶ」という内容で行う予定です。

 

平成27年度シティカレッジ講座「地域と災害」を開講します!

大学コンソーシアム石川のシティカレッジ講座で「地域と災害」を開講します。

平成24年度から開始した講座で、今年度で4年目となりました。

今回は災害ボランティアの基礎から実践力まで、幅広く取り上げます。

今まで災害ボランティアに関わったことがないけど興味がある方も、もっと深く学びたい方も是非4月10日(金)19時10分からの履修ガイダンスにお越しください。

お待ちしております!

 シティカレッジ「地域と災害」表 シティカレッジ「地域と災害」裏