災害ボランティア週末合宿を開催しました(その1)

昨年に引き続き、金沢市のキゴ山ふれあい研修センターで「災害ボランティア週末合宿」を行いました!

この合宿は、災害時に活動できる若い世代のボランティアを養成するため、県内の大学生等を対象に実施しています。
ここでは、2日間にわたって災害ボランティアの基本知識や実践的なスキルを学んだ研修の様子を報告していきたいと思います。

1 オリエンテーション

今回の研修を企画する学生等災害ボランティアリーダー育成事業研究会と参加者の皆さんで、大学生に期待される役割など、研修の趣旨を共有しました。
IMG_2361オリエンテーション-min.jpg

2 災害時の食事を考える

『JDA-DAT』という組織を知っていますか?
災害時に避難所などで、栄養・食生活の面で人的・物的支援を行う「日本栄養士会災害支援チーム」のことです。
今回はこの一員として熊本で活動した管理栄養士の猪口さんからお話を聴きました。
IMG_2372猪口さん-min.jpg

発災から時間が経つにつれ、被災者が口にする食事はどう変わっていくのか?
それを食べ続けるとどういった問題が起こるのか?
自分や家族の食べる食事をイメージしながら災害に備えることの重要性を学びました。

3 パッククッキング

食事の重要性を学んだところで、石川県栄養士会の協力の下、パッククッキングを実践しました。
ポリ袋、水、鍋、熱源があればできる調理法なので、災害時にも大いに活用できそうです。
主食からデザートまで作ることができ、味付けもしっかりできていて美味しかったです!

IMG_2396パック1モザイク.jpg
IMG_2413パック2-min.jpg
IMG_2419パック3モザイク.jpg
IMG_2439パック4モザイク.jpg
IMG_2465パック5モザイク.jpg


4 災害ボランティアの基本

午後からは、災害支援の拠点となる災害ボランティアセンターの機能と実際のセンターの様子について、社会福祉協議会職員とボランティアとして様々な被災地を経験している講師からお話を聴きました。
IMG_2482北村さん-min.jpg

5 地図を使った図上訓練

「石川県は災害が少ないところだ」―――聞き心地の良い言葉ですが、「その認識は間違っている!」というところから講義が始まりました。講師は、金沢大学の青木准教授です。
IMG_2505青木さん-min.jpg

自分たちの住む地域の危険性を正しく理解し、後半はグループに分かれて実際の災害をシミュレーションしながら意見交換を行いました。

IMG_2515図上1モザイク.jpg
IMG_2523図上2モザイク.jpg
IMG_2534図上3モザイク.jpg
IMG_2554図上4-min.jpg



詳細な条件設定の下、漠然とした災害をより具体的にイメージして、災害への備えを考えるきっかけになったのではないかと思います。

6 災害時に使える応急処置法

1日目最後は、参加者全員で体を動かすプログラムです。
毛布、タオル、ストッキングなど、身近なものを利用した応急処置法を次々と実践していきました。

IMG_2573毛布担架モザイク.jpg
IMG_2586ストッキングモザイク.jpg



参加者からは「実践を行うことで頭に入りやすかった」「知らなかった技術を学べた」との感想を多くいただきました。

このあとも、お菓子とジュース片手に、参加者同士、交流が行われていました。

2日目の様子は次の記事で報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です