【実践講座】石巻市での実践活動を行いました(2日目)

2日目は、午前中に桜畑仮設住宅集会場にて、仮設住宅及び地域住民の方と

お茶会を行いました。

住民の方からは、震災当時の様子や仮設住宅の暮らしぶりについてお話を伺いました。

2日目お茶会

次に、牡鹿中学校にて教員の佐藤さんからお話を伺うとともに、

牡鹿中学校の生徒と交流活動を行いました。

2日目牡鹿中佐藤さん

佐藤さんには、教員という立場で被災された体験談をもとに、

防災教育の大切さについてお話していただきました。

生徒との交流活動では、一緒に給食を食べたり、ゲームを行ったりしました。

はじめは緊張していた生徒たちも、体を動かすゲームを通じて打ち解けることができ、

楽しく交流することができました。

2日目牡鹿中ゲーム

宿に戻ってからは、民宿めぐろの目黒政明さんから、被災当時と現在のボランティアについてお話を伺いました。

2日目民宿めぐろ

震災から5年経過した今では、

被災者の方のお話を聞くボランティアの役割が重要になってきていることを学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です